サポート への8件のコメント

  1. ぴぽ

    テストコメント

    返信

  2. ヒロ

    はじめまして。
    大変ステキなエフェクトで是非使いたいと思ったのですが、こちらのエフェクトはRPGツクールMVでも使えますでしょうか?

    返信

    1. ぴぽ

      ヒロさん
      ご質問ありがとうございます。

      192×192サイズ RPGツクール規格などの表記があるものはRPGツクールMVでもそのままご利用いただけます。
      対応していないものも、こちらの記事で紹介しているアプリを使うことで変換することが可能です。
      スプライトシートの並び替え – ぴぽや倉庫
      https://pipoya.net/sozai/tips/sort-sprite-sheets/

      返信

  3. 玲奈

    ウディタ用パーティクルコモン複数表示版のことなのですが
    320×240のサイズで全画面表示する場合はどこを設定して
    X範囲Y範囲はどのように設定したらよろしいですか?

    返信

    1. ぴぽ

      玲奈さん

      パーティクルコモンのご質問について、だいぶ前にアップしたものなので、不確かで検証までは時間が取れず少し内容を目で追ったのみで申し訳ないのですが…

      特に画面サイズ依存がないコモンイベントですので、表示自体は320×240の画面サイズでも表示されると思います。

      ただ、同梱している各パーティクル画像は800×600の画面サイズを基準に作っていますので、320×240の画面サイズだと大きく表示されてしまうと思います。

      パーティクル画像を小さく表示するには、
      コモンイベント「┣パーティクル表示」内にある各パーティクルの種類ごとに設定している「Cself15[拡大率]」の値を調整すればよいかと思います。
      例えば、「キラキラ」のパーティクルを半分のサイズに表示したい場合は137行目の
       「 |■変数操作: CSelf16[透明度] = 10 ~ 100 」を
       「 |■変数操作: CSelf16[透明度] = 5 ~ 50 」というように変更します。
      この「10 ~ 100」「5 ~ 50」という値はパーティクル画像を表示する際の拡大率の幅になるので、
       「10 ~ 100」は「10%から100%」のサイズで表示
       「5 ~ 50」は「5%から50%」のサイズで表示
      するという意味になります。

      一括で変更できるようにしておけばよかったところですが、320×240の画面サイズで使用する場合のみ影響があるものでしたので、省略してしまったようです。

      他に各パーティクル画像を画像編集ソフトなどで半分ぐらいに縮小してしまうという方法でも対応できそうではあります。

      また何かありましたらお知らせください。

      返信

  4. 玲奈

    回答ありがとうございます
    あともう1つ質問なのですが
    X範囲とY範囲はどのように設定したら
    全画面に表示されますか?

    返信

    1. ぴぽ

      単純に全画面表示するなら
      発生番号を「0:全画面用」として、X範囲は「0,320」Y範囲は「0,240」と入力します。
      それぞれX座標0~320ピクセル、Y座標0~240ピクセル内の座標のどこかにパーティクルを表示するという設定です。

      ただ、画面サイズギリギリの範囲を設定すると、画面外との境界部分が少し不自然になるので、以下の画像のように少し余白(50~100ピクセルほど)をおいて指定するのがいいです。
      マイナスの値も指定できます。

      返信

  5. 玲奈

    回答ありがとうございます
    試してみます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL